R35インフラエンジニアの将来を考えよう

インフラエンジニアは35歳をどう迎えるか

通信インフラやサーバインフラを支える、通称「インフラエンジニア」は、ここ数年若手が加わることが少なくなり、高齢化を迎えつつあります。
そしてその中心の世代が今、35歳を迎えようとしています。

1980年代のインフラエンジニアの将来について、少し考えてみました。

20151201225850

マネージャか、アーキテクトか、現場か。

「プログラマ35歳定年説」というのは昔から噂として囁かれていましたが、徐々に業務に身体がついていかなくなり、新しい言語やスタイルについていけなくなったり、徹夜が出来なくなる、また結婚などでステータスを変える必要もある、というのが現状です。
インフラエンジニアは、プロジェクトやメンバーを束ねるマネージャ、システムを設計するアーキテクト、そしてずっと現場で第一線を張る、といったライフプランが主にあるでしょう。もちろん、現場で得たスキルからセールスエンジニアに転向する方もいらっしゃいます。

お金・昇進だけがエンジニアの価値ではない

皆様に1つ考えていただきたいのは、「なぜ昇進したいか」という事です。
上記のいずれでも昇進の道はあるでしょう。しかし、あえてお金・地位に固着してしまっていて、エンジニアリングの面白さ、現場の楽しさを忘れかけてる方もよく観ます。一度本当に好きな事を突き詰めてみてから、次に行くのもアリではないでしょうか。

オレたち泥臭いコト大好き!

あるエンジニアは、クラウドが当たり前になった今でも物理ネットワークを得意とし、ネットワークに関して専門的に対応を続けています。
またあるエンジニアはアーキテクトへ転職しましたが、現場を知った上で全てを見通して作業を行っている為、技術的な質問の他顧客対応まで何でも任せられる、と評価されています。
そして、あるエンジニアは、チームマネージャに進みましたが、現場からの叩き上げとして信頼も厚く、部下にムリをさせない事を第一にマネージメントにあたっています。
これらはすべて、現場からの叩き上げの中で鍛えられた統率力や専門性などによるものです。しかし、ITインフラは「顧客の苦労の肩代わり」と言われるほど厳しく、また高齢化も進んでいます。そんな中で、いかに自分が楽しくラクに生きられるか、がポイントではないでしょうか。

Facebook Comments